スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「親子関係」 3月25日農場通信

 3月に入り一気にあたたかくなった。畑にはキャベツ、レタスを定植し、ジャガイモも播いた。ビニールトンネルなしでの種まきも始まり、小松菜や春菊、ルッコラなども播く。踏み込み温床で2月から育てているトマトやピーマンも鉢上げした。
トマトの鉢上げの日は春分の日で娘の保育園も休み。あいにくの雨だったのでヒマを持て余した娘と鉢上げをした。保育園に行き始めてから畑で一緒に過ごす時間が減ったので久しぶりだった。トマトを植え替えるポットに土を入れる作業を任せると、上手に一定量を入れることができ成長を感じる。トマトを植えるところは難しいので1本だけやらせたら喜んでやっていた。一人で遊びながら楽しむこともできるようになってきたし、弟の世話も多少できるようになってきた。どんどんお姉ちゃんになっていく様子。
 
  時々手伝いに来てくれるNさんには娘さん2人と息子さん1人がいる。息子さんは今度大学生で園芸学部に進むという。Nさんも農学部出身で環境関係のお仕事をされている。息子さんが後を追うように大学を決めたのはどういう教育をした賜物か聞いてみた。Nさん曰く「私は行動で示すタイプなんですよ。息子が小さい時、小豆島を自転車で一緒に1周したりね。」と言う。娘さんたちともうまく言っているという。こんなことを聞くのも娘がいろいろなことが分かり出しているからで、子供達とは仲良くやっていきたい訳で。Nさんはさらに「変わったことをしている人の親子関係はうまくいっている人が多いですよ。」と。私はあくまでも普通のつもりだけど。
 
 野菜の種類は減る一方ですが、この時期にしか食べられない菜花はたくさん取れます。小松菜、ターサイ、白菜などいろいろな物をミックスして入れてあります。菜花のパスタなどもおいしいですよ。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。