スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法のほうれん草ペースト商品開発プロジェクト第一弾

寒い冬を越して成長したほうれん草は肉厚でたくさんの甘みを含んでいます。
でもその肉厚で美味しいほうれん草が取れる時期は限られています。
「一番美味しい時期のほうれん草をたくさん食べてもらいたいな。」
と言う思いから始まったのが「魔法のほうれん草ペースト商品開発プロジェクト」です。

「ほうれん草嫌いの子でも食べられる」「子供でも簡単に作れて忙しいお父さんお母さんに喜んでもらいたい。」と言うような魔法のようなほうれん草ペーストを使った商品をつくろうと言うコンセプトでスタートしました。

そのまず第1弾は精進料理研究家の麻生怜奈先生にほうれん草ペストを使った和食を教えて頂きました。http://shojinryori.jp/


このプロジェクトをコーディネートしてくれている流山在住の尾崎えり子さんからプロジェクトの説明です。
大ヒットした食べるラー油を例えにどのようにしてヒット商品が生まれるのかをレクチャーして頂きました。http://ameblo.jp/kids-sports-creation/

農場長の笠原秀樹からほうれん草の説明をした後に、
まずは麻生先生のデモンストレーション。
包丁の持ち方や弱火、中火、強火の違いも教えてもらいました。
因みに農場長は初めて知りました(^_^;)

先生の指示に従いながら子供達が料理を開始。
高学年の子も低学年の子も一緒に頑張りました。

出来あがったお料理がこちら。
ほうれん草ご飯、サーモンのホワイトソースがけ(ほうれん草ペースト入り)、ほうれん草ペースト入り白和え。

これを地域のシニアの方々と一緒に食べてヒアリング。

ヒアリングも真剣そのもの。
ちょっと味がうすいとか、私はほうれん草ご飯が一番好き、僕は白和えが好きなど様々な意見があったようです。

今回のヒアリングを参考にして商品開発をしていきますよ!
もう一度12月20日土曜日にも開催します。
お申し込みはこのプロジェクトの屋台骨近藤美保さんが代表を務めるヒカルエのHPよりどうぞ。http://www.hikarue.org/events/1220

IMG_a.png
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。