スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾のビーフン、水餃子、紅焼鶏、紅豆湯圓。


台湾から来たwwooferの光君が晩御飯を作ってくれまいた。

これは紅焼鶏という料理で醤油とオスで鶏もも肉に味をつけてから焼いたものです。
本当は黒酢を使うそうです。
お酢が入っているので意外とさっぱりしていてご飯がすすみます。

炒めている様子。ネギとニラと一緒に炒めています。

ビーフンは人参とキャベツと豚の挽肉で。

デザートに紅豆湯圓。
白玉入りの汁粉ですが日本の作り方と違うんです。
白玉粉をお湯で練って小さ目の団子にして茹でる。茹で上がった所にそのまま茹で小豆を投入。(茹でたお湯と団子が入った鍋に直接)
ちょっとびっくりだけど日本のより柔らかく出来上がり。トロッとして美味しい。
この作り方お勧めですよ。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。