スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフラワーの太郎風。



昔はブロッコリーよりメジャーな野菜だったと思うカリフラワーです。
義父から教わった食べ方を紹介します。

カリフラワーは小さめに分けて、コンソメスープで炒め煮にします。
火が通ったらお酢を大さじ1杯(ミニカリフラワー美星1個に対して)入れて完成。
お好みで塩、コショウで味を整えて下さい。
これは岡本太郎さんが好んだ食べ方で、生前に新聞で紹介されていたそうです。
普通に食べても美味しいですが、この食べ方はまた違ったカリフラワーの魅力を感じられますよ。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。