スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまご不足

卵が足りない。
昨年の夏は卵がダブつき販売に困った。対策として羽数を減らしたのだがそれが今となって裏目に出た。
秋頃から卵の引き合いが増えたため出荷数量ギリギリの状態がしばらく続いていたのだが、ここのところの寒さで一気に産卵率が落ち足りない状態に。
新たなお客さんにはお菓子屋さんや飲食店があり1回にまとまった量を送る必要がある。
そして新たに2月オープンのお菓子屋さんからも注文が。数件の卵を使い比べてみた上で、うちの卵を使いたいと言ってくれた。ありがたいのだが卵がない。今現在鶏舎をもう1棟建築中で、新しいヒナが4月頃より生み出すので、春からは取引できそうとのことを伝えると、それまで待ってくれると言う。
あまり自分の野菜や卵をどうのこうの言って宣伝するのは好きではない。卵アレルギーにならないたまごとか、アトピーが治るとかいう野菜(薬事法に触れる?)ような宣伝も目にするが、私の育てるものはあくまでも日常のものであり、特別なものではない。
それでも、うちの卵や野菜を指定してくれるのはうれしいことで、そういった評価があると励みになる。
卵に関しては、私よりはるかにこだわった飼い方をされている先人がたくさんいるし、なぜうちの卵がいいのかはわからない。ケーキを焼く時にベーキングパウダーなしで十分に膨らむと言うのは、ケーキを焼く方から聞いてはいた。妻が焼いたシフォンケーキもとても良く焼ける。今回のお客さんもパウンドケーキに通常4個入れる卵が3個で足りると言っていた。何が違うのか科学的な実証はできないけども、幸せに育った鶏たちが産んだ幸せな卵の「幸せ力」のおかげと思うことにしよう。
鶏舎は材木が届き、土台を組み始めた。鶏小屋にはもったいないぐらいの作りだ。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。