スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネル張りとエンドウの防寒対策

DSC_0106-2.jpg

ほうれん草にトンネルを張りました。
今年は寒さが来るのが早かったので例年通りの播種では遅かったようで成長が遅くなりました。
トンネルは管理が面倒なので出来るだけ使いたくないのですが、
野菜が出来ないのはもっと困るので設置を決断。
研修生の薮崎君も独立すれば野菜がメインになるでしょうから、そうなればトンネル栽培は必須です。
トンネル栽培が出来れば千葉県北西部ならば真冬でも野菜は採れます。
独立後の為にも真剣に取り組んでいました。
トンネル栽培は失敗の連続で毎年風で飛ばされ続けたのですが、
ようやく完成形に近づき頑丈なものが作れるようになってきました。
一つ一つの作業を丁寧やることが一番大事で支柱の間隔や張るマイカ線のテンションなど均一に仕上げます。
今回のものはかなり自信作です。

DSC_0105-2.jpg

こちらは絹さやとスナップエンドウの防寒対策。
孟宗竹の枝を切って北側に立てました。
たったこれだけでかなりの効果があります。
これで寒さで枯死するものが減らせます。
支柱をキュウリから使い回しているので、パオパオを掛けることが出来なかったので今年は竹が活躍しました。
循環や資源の有効利用を考える上では竹は上手く使っていきたい道具です。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。