スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我孫子市新規就農講座

我孫子市農政課主催の新規就農講座に研修生薮崎君と参加してきました。

我孫子市のうわさは最近よく聞いていたのでとても気になっていました。

まず近隣の地域で新規就農者向けの講座をやっているのは我孫子市だけでしょう。それだけでもすごいことです。

4年前から始めすでに11経営体14名が新規就農している。

青年就農給付金も6経営体8名が対象となっている。

就農時年齢
60代2人
50代1人
40代4人
30代3人
20代4人

農政課としてやっていることはとてもシンプル。
農業したいという人に土地を斡旋しているということ。
時には職員が同行して地主さんに交渉に行くそうだ。

就農3年間は上限10万円で農地の賃借料の補助がある。

農地の貸し借りにおいて一番の問題になるのは信用関係だが、それを市が間に入ることでスムースにしていることが最も効果を発揮している。

補助金は別としてやっていることはごく当たり前のことで、農政課の仕事として当然やれることをしているだけだがこの当たり前がすごい。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。