スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B君再来

今年の夏に1ヶ月間うちで研修したB君が来た。
農業者大学校の友人IDくんとその後輩IM君とで3人で前の型のbBに乗って来た。
B君は岩手の出身なので当然bBも4WD。うちに来ていた時にも4駆のbBが欲しいと言っていたから念願かなったわけである。
出荷前日の午前中に来るはずが渋滞にはまり、着いたのは昼過ぎ。翌日分の収穫を手伝ってもらいながら話をする。
B君もID君も農家の後継ぎで3月には卒業し実家に帰り農業をやる。B君は菊農家、ID君は群馬で露地野菜がメインのようだ。両親が築いてきたものがあるから始めるのは簡単だが、自分らしさを出すのには苦労するかもしれない、田舎に埋没しないことを願う。そして話題は嫁さがしになったが、田舎で農業していたら出会いはサラリーマンのようにはいかないだろう。カッコいい農業をしていれば勝手に寄ってくるとも思うが。
二人とも農業を愛す純朴な青年だからとても好感が持てる。相変わらずアポなしで来るB君の行動力と言うか無鉄砲さは大好きだ。
後輩のIM君はうちの近くの大学に通う3年生、国際交流のサークルに所属すると言う。うちでも数年前その大学の留学生を受け入れたりしていたので、共通の知り合いなどがいた。今度スリランカ人とうちの鶏肉でカレーを作ってくれると言っていた。
有機農業をしていると同じやり方の仲間とは話をするが、その他の慣行農業や花卉、果樹などの方とは話す機会が少ない、でもそういう人たちからも学ぶことは多くある。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。