スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンパーティー

PIC_0096a.jpg
ハローウィンパーティー@レインボーファミリー畑

無事、終了!

雨の降る中、予定の半分しか畑はまわれなかったけれど、
空心菜・青ナス・赤からし水菜という
あまりなじみのない野菜たちを中心にまわりました。

英語教室の生徒さんということで、
つたない英語で紹介してみましたが、
ほとんど反応がなかったので、
途中からバリバリ日本語です。

でも、野菜の英語読みや、どうしてそのような名前になっているのか、どのように食べるのかを、後ろに控えているお母さん達に聞こえるように話してみました(^^)

野菜が苦手&畑・土に戸惑う子供たち

野菜の収穫の仕方をおしえても、どうしたらいいのかわからずおろおろ。お母さん達も、「この子達、収穫したものの食べられるのかしら?」という心配顔。

でも、やっぱり実際身体を動かすのは楽しいと見えて、
空心菜の「ぽき!」という美しい音がでると
「やった!私、音が出せた!」と喜ぶ顔も。

赤からし水菜の畑に来て、「この野菜はコーラルリーフ、サンゴの形に似ているからこんな素敵な名前なんだよ」と言っても反応があまりなく、ちょっと焦る。

収穫した分をお買い上げという形にしているためか、
こんな見たことのない野菜買えないと思ったのか、
ほとんど動かない子供たち。

えいや!と赤からし水菜をちぎり、
「ちょっと辛いけれど食べてごらん」
と子供たちに無理やり渡すと、こわごわ口に入れ
「からい!」「あ、でも美味しい」

しっかり収穫する子もいれば、葉を少しちぎって持ち帰る子もいたり。

ほとんどの子供が、赤からし水菜を家に持ち帰りました。

食べてもらって、美味しいと思ったら新しい世界が広がるのです。良かった良かった。

本当は、畑でピーマンを食べてもらいたかったのだけれど、
ちょっと離れた畑だったのと、
思っていたより移動に時間がかかったので中止。

畑で食べるピーマンは格別なんだけどなあ。

それが一番心残り。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。