スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一段落

本日と明日小松菜、ほうれん草を播種。これで種まきはおしまい。苗で作ったそら豆を定植してやれば、草の管理や防寒対策、出荷以外の畑の仕事は片付く。2月から始まった農繁期がようやく終わり、次の2月までは体力・精神力温存期間、畑のことを忘れて長野に湯治になどと言っていられる訳はない。余裕のない鶏舎の増築、飼料小屋建設、それらに続く道の整備などやりたいことは山ほどある。ありがたいことに卵の引き合いが最近増えつつある。日中仕事にかまけて遊んでやれない子供たちとも、太陽の下で遊んでやりたい。でも12月、1月は1年の中で最も心やすらぐ時期には違いない。野菜は1月いっぱいまでは豊富にあるので、出荷の作業は忙しい。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。