スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れ

玉ねぎを腐ったものと使えるものに選別した。

当初はあまりにも臭いが強烈で吐き気を催し倉庫に近づく気にもならなかったが、日に日に慣れてきた。今日は倉庫の中でラジオを聴きながら選別したが全く平気だった。

研修していた農家は100頭の豚も飼っていた。当然豚の匂いがする。初めての人はウっとなるが、しばらく住んでいると全くにおいを感じなくなる。正月などしばらく農場を離れてそれから帰ると、豚の匂いを再び感じるがまたすぐに慣れてしまう。

近所に牛屋さんもいたが、牛の匂いには慣れなかった。牛屋は豚屋臭いというし、豚屋は牛屋は臭いという。

うちの平飼いの鶏たちはほとんど臭いがなく、来る人は言うまで気付かないぐらいだが、子供たちは正直で経験したことがない臭いに対して臭いと言う子もいる。

今日は配達の日だったが、お客さん達は変な臭いがすると思ったかな?

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。