スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエル族

台風以来のまともな雨が降った。この夏は梅雨以降まともな雨は2回目ということになる。それでも何とか生き延びている百姓連中はゴキブリのことくしぶといのである。

以前妻が「うちはカエル族だから。」と言っていた。そう雨が降ると落ち着くのである。この夏は全く落ち着けなかった。結膜炎のこともあったが、雨が降らないことによる心の渇きともうべく(なんのこっちゃ?)休まることのない日々を過ごした。

そして久しぶりのまともな雨で、カエルは動きだし外食という暴挙に出た。外食ではがっかりさせられることが多くあまり行かないのだが、台湾が恋しくなり柏の新規オープン店に行ってきた。

イトーヨーカドーの裏手。

子連れなので5時からの参戦。結婚式の2次会らしい団体客以外に客はなし。前の店からオーナーが変わったそうだが、嗜好は変わっていない。台湾で食べる小ぶりの中華めんがなくなったのは残念だが味はそこそこ。飲みに来るならいいだろう。

なぜここに来たかと言うと、シジミの醤油漬けがあると聞いたからだ。これは麗澤大学の留学生エビちゃん案内で台湾の大衆食堂で食べた思い出があるからだった。

日本ではこのメニュにお目にかかることはなかったので、嬉しくなって食べに行ったという訳だ。

台湾の食堂は林森北路という繁華街にあり彼女の実家の酒屋もそこにあった。その近辺はバブルの頃には日本人があふれていたそうだが、その面影はあまりなく食堂のメニューに日本語があるもの満員の店内に日本人は私だけだったように思う。

エビちゃんのお勧めのメニューの中にシジミの醤油漬けがあった。初めて食べる味に驚きながらも感動し食中毒の心配もしたが問題はなかった。

そのシジミと久しぶりの対面だったのだ。日本で食べても実においしかった。きっと台湾の味を勉強したのだろう。

しかし所詮飲み屋である。味付けは濃い目。時間が経つにつれ客も増えたばこの煙がもくもくと店内を覆い尽くす。バイトの店員もこちらの質問に答えられない。子連れとしては早く退散するとする。車でなければもう少し居たかも知れないが、家族で行くことは二度とないだろう。もともと家族連れを想定していないとも思うが。(子供用の椅子・スプーンフォークなし。頼んだらアイスのスプーンが来た。) 帰りの車内で服についたたばこの臭いで暴挙を反省。これなら家でピザでも焼けば良かった。

いまだにしょっぱくて胸やけがする。まともな飲食店は探すのが難しいです。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。