スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これを見て何を想像します?

TS3I0616a.jpgこの写真を見て何が起きたと思いますか?

先日朝スタッフから電話が入った。
「畑に土が盛られているのですが。」
私「?」
そして急行すると。
巻いたばかりの葉物の表土がショベルカーで削られその土がさらに別の葉物の上に山積。
思わず我を失い絶叫!
隣で造成工事を行っていた、
現場監督さんに事情を聴くと「許可を得ているものだと思ったので。」
宅地造成に伴い段差ができるのでコンクリートのよう壁を作るとのことで、
畑の一部を掘らしてもらうということを地主さんには確認したそうだ。
この畑は借りているものだから耕作者と地主は別。

現場監督さんが測量会社に電話し社長が来てくれた。
この社長は地元の人で神社の青年部などでもお世話になっている方。
ご両親が農家をしていることもあり話が早い。
なんか納得のいかなそうな現場監督と従業員の言葉をさえぎり、
私の気持ちを察してくださった。

説明不足で本当に申し訳ない。と言ってくださり残っている葉物の収穫に支障がないように工事を進めてもらうことと、駄目にしてしまった部分の保証を約束してくださった。

こんなこともあるんだなぁ。と言った感じ。

隣で工事をしているときは気をつけましょう。

実は先日も別の畑で道路工事があり巻いたばかりのホウレンソウを踏まれたこともあった。
事前に現場の人と話しておくのも大事ですね。予防として。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。