スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イクメン?

CIMG0196a.jpg
長男の豆太の幼稚園で「親子で遊ぼう」というイベント。
いも掘りなのだが、年少4組合同で父親の参加を目的としている。
園長先生の話にもあったが、自然の中で育てるのが一番と感じる親御さんがほとんど。
広い園庭に栗やら梅の林と雑木林。畑も広い。
当農園の会員がお子さんを通わせていたことで知り、この幼稚園の卒園生の家庭が相当うちの顧客となっていただいている。

長女も年長で1年間お世話になったが、年少の活動は初めてなのでとても新鮮。
長男が通うようになってからはなかなかお見送りもお迎えも機会がなく幼稚園に行く機会が減っていた。
この幼稚園の特徴としてバス等での送迎がない。
だから家族の誰かが送っていく。
当然他の園児のご両親とかをを合わせる機会が増え、お友達が増える。
(同じ価値観を持った友達が作れたらという思いがありこの幼稚園を選んだ。)

普段9時に送り届け14時に迎えに行く。その間みっちり遊びながらいろいろなことを覚えてくる。
英語教育とか英才教育とは真逆の世界だが、自然に向き合い自由に遊ばせてくれるこの幼稚園は気に入っている。

うちの野菜と卵も登園時間に合わせて販売させてもらう時もある。
おそらく園児の中で農家はうちだけ。
とても理解のある園長先生で本当に感謝です。

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。