スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゅうりと王子

PICT0037a.jpg

写真の左はツルナシいんげん「サクサク王子」野菜にも王子ブームか?

キュウリは左から「シャキット」イボイボの四葉系。「さつきみどり」昔からある品種だが味が最高、でも収量少なく曲がりやすい。「半白きゅうり」白いのが特徴。

キュウリは緑というのは最近の話。
昔はみんなキュウリは白っぽかったそうです。
以前東大の先生の講演で話していました。
東京の老舗種屋にあったキュウリの品種を書いた看板(当時のカタログ?)には真緑のキュウリはなかったのです。
いつの間にか真緑が珍重されて緑のキュウリが当たり前になってしまったようです。

キュウリもそうだけど、プロ用の品種と家庭菜園用の品種があるんです。

どちらが美味しいか解りますか?

実は家庭菜園用です。(ホームセンターなどで売っているという意味ではありません。)

つまり味重視か、作り易さ見栄え重視かということ。

枝豆や小松菜なども青々して市場でうける品種は必ずしも味は美味しいとは限りません。

僕らは昔ながらの品種で美味しいものや、自家採取できる固定種と呼ばれる品種をできるだけ使っていきたいと思っています。


スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。