スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家のこせがれネットワーク設立発表会

  設立発表会
3月7日、映画の制作発表会のような雰囲気で行われた農家のこせがれネットワーク設立発表会。報道28社、参加者200名超。北は北海道、南は九州からの参加。圧倒的に若い世代が目につくが、年配者の参加も今までの集まりにはないくらいにあった。
 一年前の飲み会から大きくなり、ついには発起人が1060名。当初誰も想像しなかった数字である。昨年末の景気悪化以降農業がクローズアップされているが、それを誰も予想していなかったし、景気悪化に便乗しているわけでもない。タイミングよくこの会が発足できたのには偶然以上のものを感じる。
 1060名の発起人の思いで共通する点は、今まで農業の活性化を考えていても実行に移す場がなかったということ。こせがれネットワークであれば何かしら各々が力になれるのではないだろうかと考えている。そんな期待があるから遠路はるばる集まるのだと思う。既存の農業をクローズアップしたNPO等の組織は理想は高いが実行力がなかったり、単なるコメ作りのサークルで終わってしまったりで活動の実態がわかりにくい。ついでに若者の参加も少ない。
 本業をこなしながらこのネットワークに参加する人々のバイタリティーには脱帽する。という私もその一人だが、多少本業を犠牲にしてでも、5年以内に農業の新しいスタンダードを作り10年後に小学生の将来なりたい職業1位に農業がなれるならば少しも惜しくない。
 まだまだ未熟な活動ではあるがそれだけに誰もが主役になれる。大学生の参加が多いのも期待ができる。今の時期農業改革に関わっていれば、将来どんな職に就こうが農業のことを考えながらビジネスを展開してくれるのではないだろうか。少なくとも「食料は海外から買えばいい。」と思うような社会人にはならないだろう。この集まりには毎回ウキウキさせられる。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。