スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏のヒナ

TS3I0143.jpg
初生雛(しょせいびな)つまり生まれたてのヒナが来ました。
写真のようにこんな箱に入って孵卵場(卵をかえすところ)から来ます。
うちの鶏は後藤孵卵場http://www.gotonohiyoko.co.jp/index.phpのゴトウモミジという唯一の国産産卵鶏です。
近年は養鶏も分業化が進み、5ヶ月程度の卵を生み始めた鶏を購入し卵を産ませるということが一般的ですが、当農園では初めて食べる餌から国産飼料のみの餌を与え、一貫して育てています。
手間はかかりますが、良い卵をストレスなく産んでもらう為には当たり前の作業です。
このヒナももう2週間経ちひよこの毛から大人の毛に変わりつつありますが、鳴き声はまだ「ピヨピヨ」でかわいらしいです。
元気にいい卵を産んでね!
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。