スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もよろしくお願いします。

新年明けましておめでとうございます。

無事8月に導入した鶏が卵を産み始めました。
と言っても130羽いて1日9個なので、順調に産み出すのは1か月先です。
最初の卵は初生卵と言ってサイズは小さいのですが栄養が詰まっていて重宝されます。
ご希望の方には初生卵のパックをお届けします。

年末のブログに書いたとおり今年は大きな変化がありそうです。とてもわくわくします。
しかし、農地の方は相変わらず借りにくくなかなか畑を増やすことができません。やりたいのに出来ない。こんな産業は農業ぐらいでしょうか。農地法改正には慎重な意見も多いですが、農地が使われず放棄されて別の用途で使われるよりは良いと思うのが私の意見です。
農地として存続すれば例え今回の農地法改正が間違いを起こしたとしてもまたやり直しがききますが、このまま何もせず離農が進み遊休農地が増えれば自給率の回復はより困難なものとなるでしょう。いろいろな方から意見をもらいましたが、残念なことに今回の農地法改正に代わる具体的な案は見受けられませんでした。
「やらないよりはやった方がいい。」そう思います。
農家の戸別所得補償も検討されていますが、どこまでできるかわかりません。麦、大豆等を作る農家に限定されたりするのではなく、すべての農家ということになれば相当大規模です。そうなればもちろんうれしいのですが、30代の農家で最低400万円(サラリーマンと同レベル?)保障されるとしても、モチベーションはどう保つのでしょうか?
お上から「あれを作れ。」と言われてキャベツだけとかコメだけとかやるのは嫌です。

私は何の補助も要らないから農地だけ借りやすくしてくれたらそれで満足です。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。