スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉大西山ゼミ来園

TS3I0115a.jpg
千葉大学園芸学部食料資源経済学科の西山先生がゼミ生を連れて当農園を見学。
千葉大と言えば私は落ちた大学。うちの父の母校。
それはどうでもいいのだが、ゼミ生6名が女性。写真に写っている男子は前日のこせがれネットワーク知り合った千葉大生のS君でゼミは違うがせっかくだからと西山先生が誘ってきてくれた。
私の母校東京農大も今では女子が半数を占めるが、千葉大園芸学部も同様とのこと。
en農に来る方の8割が女性だから納得はいく。やはり食に近い立場にいる女性のほうがより農に関心があるのではと推測できる。
トレンドは女性が作ると聞いたことがある。これから農業もより良い方向に来る兆しと思いたい。

学生は皆いまどきの若者だが農に対する思いはかなり強いようだ。

鶏舎と畑を見学した後は先生と学生からの質問コーナー。
「かさはらさんは、学生時代には農業が興味が無かったと言っていたのに、なぜ農家になったんですか?」との質問が一番困った。それを説明するには居酒屋で一杯やりながら3時間ぐらい話さなければいけない。

学生時代の私なら「何で農家見に行かなきゃいけねぇんだよ。さぼってテニスしよ。」と思っていたでしょう。

皆さんエライ!日本の農業は明るい。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。