スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリビエくんとレストランfuracoco

PICT0049a.jpg

昨年夏にもうちに来てくれたフランス人のオリビエが、帰国を前にまた訪れてくれました。

彼は日本の有機農業を研究しにカナダのNGOから派遣され9ヶ月間日本にいたのです。また東南アジアの有機農業も見るためにタイにも2か月滞在しました。

夏に来たときは20名近く集まった私の友人に、伝統的フランス料理を振る舞ってくれたりもしたのです。彼のお父さんはブルターニュの有名なシェフなんです。

オリビエもお父さんの仕事をよく手伝っていたそうで、日本の料理にも興味津津。前回は懐石に行き、今回は仲間の野菜を使ったレストラン「フラココ」に行きました。

フラココのオーナー夫妻は若いのですが料理のセンスもとてもいいし、人柄も最高です。古い家屋をリフォームして使っているのですが、友人の家に遊びに来た感覚で、ついつい長居してしまいそうです。

現在フラココでは私の母の草花盆栽展が開催されています。その盆栽の展示の仕方もとても素敵でした。また行こっと。
PICT0075a.jpg

PICT0060a.jpg

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。