スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズン最後

PICT0026a.jpg

千曲川・川上村に釣りに行ってきました。
渓流は9月いっぱいで禁漁期間に入るため、これが今シーズン最後。
今年から始めた渓流釣り。3回目の釣行は一人で行くことに。
師匠がいないので不安もあったが、終わってみれば7匹持ち帰り。
だいぶばらしたのでもう少し腕を磨けばツ抜けも間近か。(釣り用語で10匹以上釣ること。一つ、二つ・・・・・・九つ、十(とう)でツがなくなるから。)
水上は初めて行ったが、高原野菜の大産地で今が寒くなる前の一番忙しい時期なのかトラクターで野菜の入った段ボールを、出荷場まで何往復も運んでいた。畑にも忙しそうに収穫作業をする農家がたくさんいた。
水上や佐久は意外と首都圏に近く高原野菜の産地として向いているということを再確認。
元気のある産地がある反面、疲弊する農村もある。東京でも限界集落が6か所あると先日新聞で見たが、やり方次第でどうにでもなるのではないかと水上を見て思った。
もちろん水上の方々の努力はそうまねできるものではないと思うが。
小学校の建て替え工事をやっていたが、ところどころに木を使用した立派な建築物だった。やはり村が元気な証拠だろうか。

釣りはそろそろハゼもいいかな。ワカサギも今年は2回ぐらい行きたいなぁ。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。