スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎ播種

セット野菜に欠かせない玉ねぎだが満足いくように育てるのは、難しい。
昨年は播き遅れてろくな苗ができなかったので、今年は早めに用意と思ったが雨が少なく少し焦っていた。
そんなことで今日11日の雨の予報を見て昨日播種。
太陽熱マルチをはがしての播種、幾分湿り気はあるものの雨が降らないことには発芽は望めない。
今日の朝の天気予報を見て愕然。
千葉県沿岸部のみしか降らないという。流山は埼玉・東京・茨城に挟まれたような内陸部。
正午前の天気予報も期待薄。と思った瞬間降り出した。なかなかいい降り方が今も続いている。
玉ねぎと同時に、小松菜、カブ、アヤメカブ、水菜、ラディッシュ、ルッコラも播いた。たぶん発芽はOK。
ただし玉ねぎは早播きすると年内に大きくなりすぎとう立ちの危険性もある。
今日の天気予報では日曜も雨。土曜日の播種でも良かったかもしれない。
来年の6月に収穫するまで実に10か月も畑に居座るので長い付き合い。
ちょっと厳冬を期待する
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

笠原秀樹

Author:笠原秀樹
『会いにいける農家』
定番野菜から新品種まで食卓に彩りを飾る様々な野菜を年間通してご提供させていただきます。
広い鶏舎で放し飼いされた鶏の産みだす「幸せのタマゴ」は塩卵かけごはんで食べてください。

FC2カウンター

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。